旦那に秘密で借りるコツ

専業主婦がカードローンを利用する場合、総量規制(借入の総額が年収の3分の1まで)の関係上利用出来る所は限られ来ます。
一つは配偶者貸付を利用して消費者金融のカードローンを利用する場合そしてもう一つ銀行のカードローンを利用する場合です。
旦那さんに内緒でカードローンを利用したい場合、前者だと配偶者の同意書・配偶者との婚姻関係を示す書類・配偶者の収入証明書などが必要になってくるので秘密にしておくのは不可能です。
しかし総量規制の対象外である銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があるなどの条件をクリアしていれば利用することが可能です。
銀行カードローンは申し込み時に配偶者の勤め先などを聞かれるのですが心配なのが旦那さんや旦那さんの勤め先に何らかの連絡がいかないかですがそれはありません。
収入証明書なども高額の借入時は必要ですが専業主婦の場合もともと極度額(借りれる可能性のある金額)が低いので提出を求められることはまずありえません。
在籍確認などはあくまで申し込んだ人の勤め先に連絡するものなので心配いりません。
本人確認の方は携帯電話でも問題なくしてくれます。
次に気を付けたいのが郵便物です。
郵便物はカードの受け取りや利用明細などが送られてきます。
郵便物の表からはカードローン関係とはわからないように配慮されているので口座を持っているなど普段から利用している銀行なら問題ありません。
しかし普段使っていない銀行のカードローンを利用した場合や家族が間違って郵便物を開けてしまうかもと心配な場合はカードは郵送以外にテレビ窓口などで受け取れたりキャッシュカードがカードローンのカードとして使えるなどの方法で受け取ることが出来ます。
利用明細はWEB明細などもあるので確認してください。
ここではあくまで一般的な概要を説明しましたが借りる銀行によってやはり色々と違ってきます。
今まで利用したことがない人にとっては不安もあるでしょうが最近では女性専用の電話や窓口があるので気軽に相談してください。
こちら(⇒専業主婦でも借りられるカードローンの審査基準を紹介)のサイトでさらに詳しく書かれています。